balmy**
balmyco.exblog.jp

ようこそ、「balmy**」へ♪ ここでは、食べること飲むことが大好きなハルコが、日々を好き勝手に自分視線で綴っています。
Memo**

「balmy**」へいらっしゃいませ。にゃんこを飼ってるわけでもなく、可愛い子育て日記でもなく、ただ日々をだらだらつづってるだけのブログで、恐縮です^^コメント&TBをいただけるととても嬉しいです。過去の記事でもコメントしてください。歓迎いたします!励みにもなります^^しかし、記事に関係のないTBは申し訳ございませんが削除させていただくことがあります、ご了承ください。m(__)m


Welcome to balmy**! !
It is a comment & TB welcome. It becomes working hard.
However, TB irrelevant to an article will be able to delete it please understand it.















***素材サイト***
















髑髏城の七人
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
最新のトラックバック
マステ工場ツアー!
from さくさく
マステ工場ツアー!
from さくさく
甘音屋でイチゴ大福買った..
from 東京アンダーザブリッヂ
今回の旅の戦利品
from だめ子のへろへろ日記
あえて経済的と言っておこう。
from Que sera, sera.
105円の快楽
from お茶と手紙と図書館と ~こぐ..
最新の記事
test、test、test..
at 2017-05-10 12:02
広島へ
at 2014-05-03 00:54
ちゅーりっぷ♪
at 2014-04-15 21:34
sakura 2014
at 2014-04-08 00:20
和歌山南部の梅林
at 2014-02-26 00:55
初めての星撮影…
at 2014-01-12 12:58
以前の記事
ライフログ
タグ
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧
PINK 柴田よしき
e0004090_10322669.jpgPINK 柴田よしき
文春文庫
¥700

「そろそろ時間切れです。心の準備をして下さい」。メイに差出人不明のメールが届いた日から、夫は別人のように変わってしまった。しかも夫はその後、殺人容疑で逮捕される。続発する事件と過去とが繋がったとき、思いもよらぬ真相が明らかに。震災後の神戸を舞台に、愛の再生を描いた傑作長篇ミステリー。 (Amazonより)





震災で亡くした恋人にそっくりな男性と結婚して、その人に恋人を重ね合わせて生きる
ある日を境に、その夫が、容姿が全くそっくりな別人になっている。。。
恋人にそっくりだから、外で女性がいても申し分のない夫だからと
結婚生活を継続をするのは、自分勝手な感じがするのですが・・・
その夫(らしき人)が殺人容疑で逮捕され、愛してるからなんとしても無罪を晴らすと
一生懸命になるのも矛盾があったなー。その夫は誰なんよ?って気になるし・・・^^;
話(事件)の展開が気になって、途中飛ばしよみまでしてしまったというのに
結末も、あら、そうくる?という感じでした^^;
(ということで、あらすじの思いもよらぬ真相って表現は、違う意味であってるかも^^;)

そして、震災の様子を詳しく書いてるけど、被災者の私からしたら
そんなんじゃないよ!と反感を抱くところもいくつかあって
ちょっと柴田よしきから気持ちが離れそうになってる、この作品。
[PR]
by haru_co | 2009-11-24 12:31 | 読書きろく
「WALL・E」を観る
e0004090_18585100.jpgWALL・E / ウォーリー


29世紀の地球。700年もの間、たった独りでゴミ処理を続けているロボット【ウォーリー】。彼の夢は、いつか誰かと、手をつなぐこと。ある日、そんなウォーリーの前に、真っ白に輝くロボット【イヴ】が現れる。一目惚れしてしまったウォーリーが、イヴに大切な宝物“植物”を見せると、思いがけない事態が!イヴはそれを体内に取り込み、宇宙船に回収されてしまう。イヴを失いたくない!必死に宇宙船にしがみついたウォーリーは、大気圏外へと飛び出して・・・。宇宙の遥か彼方でウォーリーを待ち受けていたのは、地球の未来が懸かった壮大な冒険だった!純粋にただ大切な相手を“愛する”ことの素晴らしさを教えてくれる、PIXARが贈る“29世紀のラブストーリー”。




我が家は、ピクサーが大好き!
この作品も公開のときに見逃してたので、絶対に観たかった作品の一つ。
29世紀の地球がなんともリアルで、ゾッとするほど
ロボットなのに、温かい心を持つウォーリーに四六時中心を奪われる
「トイ・ストーリー」にしても「ニモ」にしてもそうだったけど
主役は人間じゃないんだよね
それに、ウォーリーはほとんど言葉を発しない、だのに表現はバッチシ
こういう小技はうまいよなー^^

そして、心配ばかりする作品なんだけど、
気持ちが明るくなるようなラストもうまいなーと感心!
さすが、ピクサーです!私はメロメロ~♡
e0004090_1964879.jpg

そして、我が家もウォーリーの御世話にならないといけないような状況になってますが・・・^^;
[PR]
by haru_co | 2009-11-23 19:08 | お芝居・ドラマ
『THIS IS IT 』を観る
e0004090_13471523.jpgマイケル・ジャクソン THIS IS IT

最期のコンサート“THIS IS IT”がリハーサル映像により奇跡の映画化!
今年の夏、ロンドンのO2アリーナで開催されるはずだった彼の
コンサート“THIS IS IT”。本作は2009年4月から6月までの
時間の流れを追いつつ、100時間以上にも及ぶリハーサルと
舞台裏の貴重な映像から構成される。

天才と謳われた彼の舞台裏で見せる素顔、完璧を追い求めた
彼のシンガー、ダンサー、クリエイターとしての姿、そして長年に
及ぶスタッフ達との友情と深い絆を我々はスクリーンで目撃する。




すごい!凄すぎるー!これって、リハですよね?
劇場から出るや否や、akimちゃんに即効で「あれは泣くわー!」と
メールしたのは私です。(akimちゃんごめんねー^^;)
ホントに感動しました!!

やっぱ、KING OF POPの名を欲しいままにした人だけあって
ステージの上の彼はホントに素晴らしい!
間違っても「マイケル歌うまいなー」なんてことは言ってはいけません!

あああー、スリラーの完成度の高さ!あのモノクロ映画のとか
あれが観れないなんてー、スワロフスキーのきらきらの衣装や
ビリージーンの電飾の衣装もー、ああー!ああー!!!(悔)

マイコーの素晴らしさもなんだけど、一緒にステージに立つダンサーも素晴らしい!
選りすぐられた人たちだーと感心しまくりです
(確かに、ダンサーの中に、オネーらしき人がいたね^m^)

このコンサートにかかわったすべての人が、「夢にまでみた」とか
「人生の頂点だ」とか言うように、みんな誇りに思ってるし、
マイケル自身が、どんな風にこのコンサートに懸けていたか
手にとるように伝わってきた気がします

そこには、愛があふれてて
すべての世界の人が一つになれるかもしれないと思わせてくれました

それだけに、叶えられなかったことを、本当に残念に思います。
彼の意思は、自分や家族のためにも後世にも伝えたいと思います
それが、これです。【THIS IS IT】



akimちゃん!
観に行ってホントに良かったよ、LOVE!!
[PR]
by haru_co | 2009-11-19 23:43 | お芝居・ドラマ
11月27日です!
「よつばと!9」と「のだめカンタービレ 23」同時発売です!
チェキラ^^

e0004090_13105976.jpge0004090_1312144.jpg
[PR]
by haru_co | 2009-11-16 12:10 | 読書きろく
花の妖精 ポストカード
e0004090_152108.jpg


セシリー・メアリー・パーカーによる
有名な花の妖精のイラストがついたポストカードブック。

絵本に続いて、ポストカードブックも購入^^
もともと、手紙を出すのが好きだし、壁に飾るのも好きなので、
ポストカードはたくさんあってもまだまだ欲しい

これは、30枚も入ってるのに¥896とかなりお得!
オリジナルをコピーして(違法?)たくさんの友達に贈りたい^^
[PR]
by haru_co | 2009-11-13 15:20 | 読書きろく
二人道成寺  近藤史恵
e0004090_14222848.jpg二人道成寺
近藤史恵
文春文庫
¥530

恋路の闇に迷うた我が身、道も法も聞く耳持たぬ――梨園の御曹司岩井芙蓉と抜擢によりめきめき頭角を顕した中村国蔵。人気、実力伯仲するふたりの若手女形は、かねて不仲が噂されていたが……。芙蓉の妻・美咲が恋したのは誰だったのか。意識の戻らぬ彼女をめぐる謎を今泉文吾が解き明かす。切なさが胸に響く歌舞伎ミステリー。
(Amazonより)




花組芝居のKABUKI ISMの公演前だったので、
歌舞伎役者をモデルにしたこの作品は、なかなか面白く読めました^^
憧れの役者さんである、芙蓉さんのそばで一緒に仕事が出来る幸せを
尊敬だと思ってた感情が、本当は違うものだったり、
それを、一番知って欲しくない人に知られてしまったり。
お嬢さま育ちのせいで、悪気はないのに、発した一言が人を傷つけてしまうタイプの妻、美咲。
彼女に振り回されながらも、本当のことを知ってしまうと突き放せないでしまうところや、
梨園の血を引き継ぐもの、自分の実力でのし上がって来たもの、それぞれの思いや葛藤が
どこの社会にでもあることで、ああ、それはわかるわー!とうなってしまった
なんとなく切ない読後でした
[PR]
by haru_co | 2009-11-10 12:21 | 読書きろく
花組芝居「ナイルの死神」を観る
花組芝居 KABUKI ISM 「ナイルの死神」の公演を観ました!
e0004090_22551620.jpg

アガサ・クリスティーの翻訳で、あらすじは、
大富豪の娘ケイ・リッジウェイは、無一文の青年サイモン・モスティンと結婚したばかり。
だが彼は元々ケイの親友ジャクリーンの婚約者だった。
新婚旅行をナイル河の遊覧船で楽しむ二人の前に、ジャクリ−ヌの不気味な影が忍び寄る。
言い争いの末に、ジャクリーヌがサイモンの脚を撃ち抜いた夜、ケイが死体で発見される。
そして唯一の目撃者であるメイドのルイーズも何者かの銃弾に倒れる…。
遊覧船に乗り合わせたケイの叔父、ペンファザー司祭は、
この隔絶された船上を舞台にした難事件に挑む。(花組芝居HPより)
e0004090_22555719.jpg

チラシ(上の画像)のままの衣装とメークで、それは豪華でした
ケイ役の八代さんが、ばっくり背後の開いた衣装を着こなしてる姿は
女性の私までもうっとりするほどでした(姿勢も素晴らしい)

話は、日本の推理小説よりもわかりやすく(特に名探偵コナンはアニメなのに難しいと私は思う)
その流れを楽しむと言う感じがほど良かったです
今回初めて悪役をやる小林大介さんは、加納さんに「どうだった?」と聞かれて
「嫌だった」といってました、やっぱり犯人は誰からも嫌われるそうで
役者としては、悪役をやって嫌われてナンボだと思うんだけど、不本意だったらしい
(そういえば、前回の「夜叉が池」では、晃さん役でハートを鷲づかみにされたほどカッコよかったなー^^)

今回は11名と花組芝居のメンバーの少数だけでのお芝居だったので
他の座員が出ていないのはとても寂しい(原作を忠実にするために人数が増やせないらしい)
洋物の芝居も珍しく、ネイルなどはわかぎゑふさんがやってくれたといってました
女性って大変ですねーとも^^

花組芝居の次回の公演は随分先になって、次はそのわかぎゑふさんの
ラックシステムの「お代り」や、ラッパ屋さんの「世界の秘密と田中」などなど
大阪での公演にちょこちょこ観に行くつもり
東京ではもっともっといろんな公演があるだろうけど、関西はホントに少ないなー(悲)
[PR]
by haru_co | 2009-11-08 23:10 | お芝居・ドラマ
やっぱり落語は面白い!
行って参りました!
「笑福亭鶴瓶 JAPAN TOUR WHITE 2009-2010」
大阪公演は、11/3-11/8 シアターBRAVAにて
日替わりでゲストが変わるのですが、この日は柳家花緑さん!
もうこんなコラボ、夢のようです!^^

最初に鶴瓶さんが出てきて、少しお話をされるのですが
もうそれだけでお腹いっぱいになるほど面白い!
先日、知人のお見舞いにポーアイの先端医療センターにいったらしく
「あれですね、ポーアイってホンマわかりにくいですねー、あれ」
と言われて、スイマセン言っときます^^;と謝ってしまった^^
十分に笑わせてもらったのですが、まだこれから落語が始まるんですよねー^^

演目は、
笑福亭鶴瓶「厩火事」
夫婦喧嘩をした女房が、仲人のところにいって愚痴ってると
その兄さんが、あるたくらみを提案し、亭主の気持ちをはかるもの
やり取りがとっても面白い^^

柳家花緑「傘碁」
しょう油問屋の隠居と着物問屋の隠居が囲碁仲間で
待った、待たないで喧嘩になり、どうやって仲直りするか・・・と言う話
花緑さんの師匠で祖父でもある柳家小さんさんが18番にされてたそうです

中入り

柳家花緑「目黒のさんま」
殿様が、ある日暇をもてあまし目黒に馬乗りで出かけたが、家臣が弁当を忘れ
空腹に耐えかねていると、そこにさんまを焼く匂いが・・・
秋といえば、この話しかないと言うくらい有名な話だそうです
目黒では、この時期にはさんまを配るイベントもあるそうですが
どういう話しかは知らない人多いらしい^^
花緑さん、途中二度ほど噛むのですが、それもうまく笑いに持っていくところも憎い^^
お客さんの中に、子供もいて、
みんなとは違うところで大うけして笑って、それも会場を湧かせてました^^

笑福亭鶴瓶「宮戸川」
将棋に夢中になり、門限を守れなくて締め出しを食らったハンヒチ
渋々、阿波座に住む叔父のところに泊めてもらおうとしてると
近所に住む美人のハナちゃんが、同じように締め出しを食らってる
一緒に阿波座についてくるというので大変、叔父さんはなんでも飲み込んでしまう人なのだー!
「皆も言うな、話は飲み込んだ!」って、おじさん勘違いしてますからーっ!

こうやって各人、二席ずつ披露してくれました
ホントは、ゲストさんは一席だけなんだそうですが
花緑さんは都合がつかなくて東京公演は出てなかったので
大阪ではその分も出てくださったそうです^^

言葉足らずでちゃんと伝わってないと思うんですけど
ホントに面白かったです!鶴瓶さんサイコーです!
笑うってことは体にもいいことなんですよねー
私、昨日だけで癌細胞めっちゃ死滅させたと思います^^

「きらきらアフロ」の観覧行きたい!!当たれー!←念

これでまた弾みがついたので、来年2月に梅田で行われる
柳家花緑さんの独演会に申し込みます^^
それまで、こぞうさんに頂いた落語のCD聴きまくりますよー^^   
[PR]
by haru_co | 2009-11-07 11:29 | 日記
Cicely Mary Barker
子供の頃、ハイ・クラウンチョコレートにはいってたおまけ(?)のカードが好きで
いっぱい集めていました。
それが、シシリー・メアリー・バーカーの花の妖精たちシリーズです
e0004090_2275197.jpg

すごく懐かしくて、可愛くて
Amazonで見つけたときに、衝動買いでした!

ああ、これも持ってた、ああこれもだーと
私はあの頃集めていたカードで、
撫子やデイジーが好きだったなーとか、思い出しました^^
[PR]
by haru_co | 2009-11-04 22:13 | 読書きろく