balmy**
balmyco.exblog.jp

ようこそ、「balmy**」へ♪ ここでは、食べること飲むことが大好きなハルコが、日々を好き勝手に自分視線で綴っています。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Memo**

「balmy**」へいらっしゃいませ。にゃんこを飼ってるわけでもなく、可愛い子育て日記でもなく、ただ日々をだらだらつづってるだけのブログで、恐縮です^^コメント&TBをいただけるととても嬉しいです。過去の記事でもコメントしてください。歓迎いたします!励みにもなります^^しかし、記事に関係のないTBは申し訳ございませんが削除させていただくことがあります、ご了承ください。m(__)m


Welcome to balmy**! !
It is a comment & TB welcome. It becomes working hard.
However, TB irrelevant to an article will be able to delete it please understand it.















***素材サイト***
















髑髏城の七人
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
最新のトラックバック
マステ工場ツアー!
from さくさく
マステ工場ツアー!
from さくさく
甘音屋でイチゴ大福買った..
from 東京アンダーザブリッヂ
今回の旅の戦利品
from だめ子のへろへろ日記
あえて経済的と言っておこう。
from Que sera, sera.
105円の快楽
from お茶と手紙と図書館と ~こぐ..
最新の記事
test、test、test..
at 2017-05-10 12:02
広島へ
at 2014-05-03 00:54
ちゅーりっぷ♪
at 2014-04-15 21:34
sakura 2014
at 2014-04-08 00:20
和歌山南部の梅林
at 2014-02-26 00:55
初めての星撮影…
at 2014-01-12 12:58
以前の記事
ライフログ
タグ
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:ラックシステム ( 2 ) タグの人気記事
ラックシステム「お代り」を観る
今日は、大阪のABCホール(福島)で、ラックシステムの「お代り」を観劇しました!
e0004090_1517218.gif

【ちょこっとストーリー】
ラックシステム15周年記念の最終章を飾るのは、新作「お代り」。
あの名作「お正月」に登場した鈴木一家の隣に住んでいる山田家。
日本初の洋行を果たした岩倉使節団に厨房方として参加した山田長太郎が
晴れて家に戻ってくると、「西洋料理を食べてみたい」という一家の面々。
しかし、長太郎は実際には作った経験がない。
見よう見まねで作ることになったが…その出来上がりは?
150年間のある家の物語。
1場1場落語のように展開されていく新しいラックシステム「お代り」!
(玉造小劇場HPより)


リリパットアーミーⅡも主宰されている、わかぎゑふさんの劇団です
脚本・演出でも十分に才能を発揮されてますが、女優さんとしても素晴らしい方です
今回もロビーにて物販されてて、パンフレットを買うともれなくサインしてくださいました^^
いつ見ても妖艶でいるのに可愛らしくて、私より年上なんて信じられませんー!

お話は・・・
戦争時代の話から、関西の震災のことまで触れていました。
食べることの大切さ、そして有難さを、感じさせてくれました
笑わせっぱなしかと思えば、ぽろぽろと泣かされるし
ホントに毎回降参です
[PR]
by haru_co | 2010-01-17 23:15 | お芝居・ドラマ
ラックシステム「お祝い」を観る
18日は、大阪でラックシステムの「お祝い」を観劇
e0004090_1285119.gif

ラックシステムとは、
主に大阪弁の人情劇を主体とし、20世紀の大阪に生きた市井の人々にスポットを当て生活観溢れる芝居が描かれます。また大阪の芝居らしい「お」で始まるタイトルでも有名。
今までに【お花見(1994)】,【お正月(1995、2001、2004)】,【お見合(1997、2003)】,【お祝い(2000,2001、2004)】,【お弁当(2002)】,【お願い(2005、2006)】があります。
繰り返し何度も上演されても観客を動員することからも、関西小劇場界のネオ商業演劇といわれているとか。2001年の【お祝い】の作・演出で、わかぎゑふが大阪府舞台芸術賞奨励賞を受賞しました。


私はリリパの舞台は観たことがあるのですが、ラックは初めてで
(前回の「お弔い」は急用でいけなくなってしまい、涙を呑んだ)とても楽しみにしてました!

お話は、
船場の布団屋の若旦那の陽介は、歳の離れた妹の晴香が学校で初潮を迎えたとの噂を、
女中のお絹が聞き、お絹以外、男ばかりの店員たちは晴香の帰りをどう迎えるかで、てんてこ舞い。
お絹の指示に従い、お赤飯や紅白饅頭の準備に走り回っている。友人の島村優平が、
晴香が交通事故に遭って亡くなったと知らせに飛び込んでくる。
その日以来、陽介がお赤飯を食べることはなくなった・・。
 晴香が事故にあったのは、初潮になったことを男の子たちにからかわれ、
不注意で道に飛び出したせいだったと知った陽介は、生理への偏見を無くすため、
布団屋をたたみ、生理用品の開発・販売、そして性教育の普及活動を手がける会社を興す。
知人という知人、全ての女性に生理のことを尋ねまわり、近所の女形、晶さんに女装の仕方を
習ってまで女子便所に忍び込んで生理用品を収集する陽介たちは、
「変人倶楽部」と言われながらも研究・開発を進めていく。


大阪の話なので、みんなが大阪弁で話のも自然でいい^^
最初に晴香が運ばれてくるシーンで、そこにいた全員が号泣するのをはじめ
いろんなところで泣かせる箇所があり、もうボロボロ^^;
今回の席が3列目のセンターでとてもよく舞台が観えて、役者さんの本気泣きにも衝撃を受けた
この劇団のレベルの高さを思い知りました

とにかく泣いて笑って、あっという間に2時間ちょっと
ほんとに良いお芝居だった!
わかぎゑふさんって、ほんとに底知れる才のある方ではないのか?
疑わずにはおれません

まだ大阪の公演もあるけど、この後東京でも公演があります。
ほんとにお勧めです!(コングさんに言われたからではありませんよ!^^)
花組芝居の桂憲一さんも出ています^^ ←サイン頂きました^^
次のラックシステムの公演も絶対に観にいきますよー!
[PR]
by haru_co | 2009-07-19 12:27 | お芝居・ドラマ